着脱簡単な省エネ断熱ジャケット
自動車部品会社のPP-PC炉に対して環境対策

4201609main

概要
自動車部品会社のPP-PC炉において、保温材を貼る対応はされていましたが、劣化が酷く周辺に粉や廃材がちらばってしまう状態でした。放熱により周辺温度が高いため、作業員が熱中症などに陥ってしまいます。そこで、えこきーぱーを設置。平均して35度表面温度を下げることになり、環境対策につながりました。

  • 施工前
    mae20160901
    保温材を取り外した為、温度の漏れがひどくなり周辺温度が上昇し、作業環境が悪化。

    保温材を取り外した為、温度の漏れがひどくなり周辺温度が上昇し、作業環境が悪化。



    アベレージ76.8度が

    アベレージ76.8度が



    アベレージ69.5度が

    アベレージ69.5度が

  • yajirusi
  • 施工後
    ato20160901
    表面温度を下げることにより、周辺温度がさがり環境対策になりました。

    表面温度を下げることにより、周辺温度がさがり環境対策になりました。



    42度に

    42度に



    35度に

    35度まで減少