着脱簡単な省エネ断熱ジャケット
機械用部品製造工場の蒸気配管の熱を抑えて省エネ


概要
部品製造会社の機械用部品製造工場において、機器の蒸気配管設備が高温になっており、工場内の熱の上昇による空調負荷、また、エネルギー負荷により電力量も多くなってしまいました。
そこで、パーツに合わせて、えこきーぱーを施工。
輻射熱の発生を抑え、配管の直接表面に触れての火傷の危険もなくなりました。

  • 施工前
    熱くなった配管表面からの熱がそのまま周辺にも影響する状態でした。
  • yajirusi
  • 施工後
    パーツに合わせて『えこきーぱー』施工を行い、輻射熱の発生を抑えました。また、配管の直接表面に触れての火傷の危険もなくなります。